【WoT】エンスクのマップ解説

MAP詳細解説

こんにちは、れいしきです。

今回は、エンスクについてマップ解説していきます。

エンスクってどんなマップ?

エンスクはかなり狭い典型的な街マップです。そのため、重戦車や重駆逐にとっては撃ち合いが楽しい一方、軽戦車や紙装甲MTにはやや辛いマップです。

一応、東には平原がありますが、そもそもの距離が短すぎて偵察らしいことは難しいでしょう。

この図では、Fラインに一本線が引いています。ここが北と南を分けるラインです。こうしてみると、北の方がスペースが広く、有利なように思えますね。

3つの主戦場

エンスクは狭いマップながらも、主戦場は3つに分けられます。

東の平原

街郊外なのでしょうか、やや茂みのある平原です。ただし、そもそもMAPが狭いので動きづらいでしょう。隠蔽や視界を生かすというより、稜線と俯角を使って射線を切るイメージですね。

中央の線路

中央に線路があり、線路と線路の間の隙間から敵陣地へスナイプが可能です。

敵陣地まで一直線で繋がっているため、堅い重駆逐が鎮座してゴリゴリするのも見られます。初動では、数少ない通行料ポジになりますね。

街側に射線を通しやすく、中盤以降では重要度の高いポジションになります。

西の街

ザ・街といった地形で、装甲とその使い方、撃ち合いの強さで戦う戦場です。ただ、射線が結構切りやすく、互いに引き目で戦うと長引いてしまうのも特徴です。

また、線路からも射線が一部通るので、前だけを見ていると思わず側面を撃たれることもあります。

初動

初動です。実線が射線、点線が視界を表しています。

平原

0ライン側では小さな茂みを使った偵察と、その後ろでの援護態勢が築かれています。

稜線を使って射線を切る、と先ほど書きましたが、案外稜線の起伏が小さいため射線が切りづらく、前に出過ぎると瞬殺されてしまいがちです。マップが狭いので、つい出過ぎるなんてことも。

良くも悪くもマップが狭いため、あまり奥まで行かずとも視界は通せるので無理はしない方が良いと思います。

また、8ラインに重戦車がいますが、ティアトップの快速重戦車の場合7,8ラインをゴリ押すことができます。もちろん、味方の同伴が必要ですが、上手くいけばそのまま敵陣地まで突っ切ることも出来ます。要はラッシュみたいなものですね。

ただし、失敗するとショボチンしがちなので注意です。

線路

初動では軽戦車や中戦車で視界を取り、駆逐や単発の高い中戦車がスナイプするイメージです。たまに自走砲の通行も見れるので、早々に退場させることも出来ます。

初動の通行料以降はしばらく使われないので、平原か街側に寄ってしまっても良いでしょう。

いい感じに重戦車を配置し、1ラインは駆逐がしっかり監視しています。初動では2ラインの射線がギリ通るので、一応通行料が取れますが、結構難しいので狙いすぎなくても良いと思います。D4からは敵の通行料が見れます。(ただし、ここの穴は遭遇戦では塞がっているので注意)

初動でいきなり突っ込んでしまうと、自ら敵の包囲網の中に入るようなものなので、ランダム戦では中々厳しいと思います。やるとしても、2,3ラインからだけでなく、1,4ライン側からも強襲して敵を包囲しましょう。

緑攻め

緑が攻めている感じです。

冒頭で示した図のように、ちょうど北と南の境界で止まっています。ここで止まってしまうと、かなり不安定なので詰めるなら詰める、詰めないなら初動の位置まで戻った方が良いと思います。

そして、詰めた場合です。このように街も平原も同時に詰めるなんてことはほぼないと思うので、それぞれ別で考えた方が良いかもしれませんね。

平原

平原は詰めると敵がほぼ全員見えますが、敵陣地側からも撃たれるので0ラインからだけで詰めるのは難しく、まずは7,8ラインの確保が先でしょう。

この辺は数と勢いで囲んでいます。もはやラッシュなので、敵が対応するスピードより速く敵の数をへらすことを意識すると良いです。

赤としては、早く受ける態勢を作ります。出来るだけ多くの射線を敵に通せるようにし、出過ぎた敵を一枚ずつ落としていきましょう。敵が詰めて来る間は、敵から射線に出て来てくれるので無理はしない方が良いと思います。

線路

街攻め、平原攻めの場合、実は線路はあまり使われません。

線路を使うのは主に膠着した場合や、緑攻めで1枚目に出したような「不安定な状態」で敵が止まっている場合で、側面を取る時に使います。

ちなみに、線路ラッシュはないです。

街も敵が対応する前に詰めています。1ラインも敵が撃ったタイミングでG1からG2側へ入ってしまえれば、とりあえずは射線が切れます。

初めは敵は対応しきれずに倒されていくと思いますが、その後は、敵が対応してくるので慎重モードに切り替えます。無駄なダメージは貰はないようにしつつ、甘い敵を削っていきましょう。

赤としては、早めに受ける態勢を作ります。「あ、これ敵来るな、」と思ったらH3の重戦車のように一歩下がってしまっても良いでしょう。

緑攻め(負け)

そんなこんなでラッシュが失敗し敵に盛り返された場合です。

狭いマップなのでオラオラしたくなるのも分かりますが、熱くなり過ぎずに地道に稼ぐのも悪くないと思います。

赤攻め

緑攻めの反対バージョンです。「不安定な状態」ですね。ほぼ同じなので詳しくは省略します。

更に詰めた場合です。これも緑攻めと同じ感じなので詳しくは省略。

ただし、北の方が防衛スペースが広いので、やや守りやすいのかなと思います。なので、詰める時は正面からではなく、中央の線路も使って複数の射線で敵を攻撃しましょう。

赤攻め(負け)

例によって、赤攻め失敗した場合です。

B1はハルダウンで撃てる一方、J1は何もないので、こういうところは北有利なのかな、って思いました。B4も強いと思います。

終わりに

筆者自身、軽い戦車がすきなので実はこのマップはあまり好きではなく、ぶっちゃけよくわかりません。でも、快速重戦車で7,8ラインを突っ込むのは楽しいので是非やっていただきたい。弾きミッションも出来ますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました