【WoT】エーレンベルクのマップ解説

MAP詳細解説

こんにちは、れいしきです。

今回は、エーレンベルクのマップ解説をしていきます。

エーレンベルクってどんなマップ?

オレンジの線は北と南との境界線です。

3つの主戦場

真ん中に川を挟んだ広めのマップです。中央には重戦車が戦えそうな街東は起伏の激しい雪原と、西には城と雪原といった感じ。

両軍ともにAライン、Kラインに茂みがふさふさしており、特にA6~10、K1~5の並木では必ず駆逐が構えているでしょう。そのため、中々詰めにくいマップだったりします。

詰めるときは先ほどの芋ポジを回避するため、南スタートでは西から、北スタートでは東から詰めるのが良いと思います。

初動

実線は射線、棒点線?は走り偵察ルートを表しています。

西

西は大きな城が目立ち、初動では城付近での通行料、牽制になるでしょう。

赤は矢印のように、西から街に入ろうとする重戦車に対して通行料が狙えます。小さな茂みがあるので、上手く使えれば撃つまでバレませんが、俯角が7度~くらいないとやや厳しいです。

緑は、そんな通行料目当ての敵や顔を出してきた敵へのカウンターを狙います。あまり自分から撃ちに行くことは出来ないので焦らず行きましょう。

軽戦車はチャッと行ってパッと帰って来ましょう。赤の軽戦車ならD4の家横の茂みも使えます。

中央の街

緑側では、街に入るルートが2つあり、橋を渡って西から入るルートと、そのまま6ラインから入るルートです。

西ルートでは通行料を取られるリスクがありますが、F4で頭出しの撃ち合いができたり、逆に西側へちょっかいかけられるのが強みです。流石に超重戦車では厳しいので、最低30㎞程度の速度がいるでしょう。

東ルートでは安全に移動できますが、撃ち合いがしにくく、敵側に渡る時に橋を渡らなければならず、これもまた大きなリスキです。

赤側では主に5ラインのルートのみで分かりやすいですね。一応、川を渡りE6に張り付くことで6ラインの敵と戦ったり、0ライン側へちょっかいをかけられますが、スペースが小さく1両までしか入れない他、射線管理が難しいので玄人向きのポジですね。

このマップに限ったことではありませんが、ある程度ポジについたら、敵が来るのを待つイメージでいいと思います。初動からゴリゴリすると安定しません。

東は大きな山が2つある地形で、その間を線路が走っています。

初動では、図のように茂みを使ってスポットを切りつつ様子見になるでしょう。たまに甘い敵や街側が撃てるので、ちみちみ削っていきます。

ただ、見つかると集中砲火を受けるので注意。特にF0は木を倒すだけでブラインドショットが飛んできます。

緑攻め

緑が攻めています。

西

初めに言った通り、南スタートで詰めるなら西が強いので詰めています。とりあえず、E1,2を取りたいので味方と連携して取りたいところ。

E1への段差ですが、「そこって南からでも入れるの?!」と思った方もいるかもしれません。実はここ、かなり慎重に降りれば南からでも入れるので上手く使いましょう。

城にいたメンバーはE1に味方が入り、E2の敵がそちらに注意を向けたタイミングで正面から詰めてしまいましょう。止まらずにC1,D1まで行くと奥の駆逐からも射線が切りやすくなります。

ただし、やはりランダム戦で連携するのは難しいので、狙うなら小隊を組むのもありでしょう。

赤としては、味方の駆逐が後ろにいなかったり、そもそも数が少ない場合は引いてしまっていいと思います。E2で頑張って耐えてもE1と正面からクロスでラッシュされるとどうしようもありません。。。

中央

中央はあまり変化ありません。撃ち合いで少しでも有利な形を作りつつ、チャンスを待ちます。

東を詰めるのは厳しいので、よほど敵が少ないという場合以外、ここは待ちで良いでしょう。味方が西を詰めているなら、そちらに加勢しても良いと思います。一応、最低限の視界取りとその援護の2両は残っておいた方が良いです。

赤としては詰めるなら東側なので、敵が西から詰めて来ている場合、こっち(東)も詰めるか、あるいは戻って陣地防衛をするのか決めましょう。

緑攻め続き

西の緑が城を制圧し、敵陣地まで押し寄せてきている状況です。

緑としてはこのまま押し切りたいところですが、敵も防衛に戻ってきている可能性が高く、考え無しの突撃はあまりよろしくないと思います。逆に、敵が多く戻ってきているということは他の戦線が手薄になっているはずなので、敵の数を見て詰めるのか、リポジするのか決めましょう。

赤としては、自陣まで敵が近寄ってきているので急いで防衛に向かいましょう。恐らく、勢い余って飛び出た敵がいると思うので、そういう敵から撃破し敵の勢いをそいでいきます。

ただし、先述の通り敵がリポジして別の戦線から上げてくることも考えられるので、ミニマップを見ながら判断しましょう。

赤攻め

逆に赤が攻めている状況です。

西

西を赤が攻めるのはきついので、よほど敵が少ないとか味方が多くてオラオラしてる以外は、控えめでいいでしょう。通行料を取った後はしばらく動きがないと思うので、リポジしてしまっても良いと思います。

緑はこちらは守りやすいので安心ですが、詰めるならこちらなので味方と敵の枚数を見てE1に入るなど考えた方が良いです。

中央

変わんないですね。中央から上げる、というのもありますが、それはかなりプレイヤースキルに依存するので解説しようがありません…。

赤が東を詰めています。緑攻めの西とほぼ同じ感じで、谷から回り0ラインを倒します。スポットだけでもすれば、D5からも撃ってくれます。

ただし、9ラインだと街側から撃たれかねないので、0ライン側のくぼみに入ってしまった方が射線は限定できます。

緑としては、ここは中々耐えづらい地形なので、さっさと引いてしまいましょう。J0,K0に駆逐がいると多少耐えれますが、もし敵に押し切られるとその駆逐も逃げられなくなります。

その後

赤が0ラインを取った状況です。

0ラインを取ったからといって、Kラインをそのまま上がるのも厳しいので、ここは一旦街側に行って敵重戦車の側面を取りに行きましょう。街が取れれば、赤の占有スペースはかなり広まるため、あとは囲んで叩いて終わり、といった感じです。

緑はそうされないように対応します。あるいは、逆に西を詰めて敵が「詰めてる場合じゃねえ、防衛しないと!」という状況を狙うのもアリでしょう。

終わりに

駆逐が多いマッチングだとかな~り面倒くさいマップです。軽戦車はあまり無理せず生き残ることを意識しましょう。(当たり前)

コメント

タイトルとURLをコピーしました