【WoT】初心者におススメな戦車や開発ルートを紹介

戦車紹介

こんにちは、れいしきです。

WoTには現時点で既に500両以上もの戦車や自走砲が実装されており、みんな違った性能・特徴を持っています。

それぞれのバランスが取れていればベストかもしれませんが、実際は強い戦車弱い戦車が存在しています。

ただ、初心者さんにとってみたら、「何が違うのかわからない」「どれが強いんだ?」といった悩みに陥りがちです。

新兵れいしき
新兵れいしき

とりあえず、これは乗っとけ!っていう戦車が知りたい!

そこで、初心者におすすめしたい戦車や、開発ルートを紹介します。もちろん、プレイヤーによって好みはあるので、好み別に分けて紹介していきます!

 

そもそも「強い」戦車ってどういう戦車?

おすすめの戦車を紹介する前に、少しだけ強い」という意味について考えてみましょう。

あなたの考える「強い戦車」とはどんな戦車でしょうか?

単純に単発火力が高いと強い。リロードが早いから強い。装甲が分厚いから強い。俯角や射界が広いから強い。主砲の精度がいいから強い。機動力が高いから強い。隠蔽率が高いから強い。

 

1つずつとって見るとどれも大切な性能で、どれかが優れているから強い、という単純なものではありません。

僕が思うに、大切なのは、バランスです。

 

例えば、単発火力がバカ高くて、敵を1発で倒せる戦車がいるとします。この時点では、ぶっ壊れな強さだと思えます。

ただ、この仮の戦車が装甲は無いに等しく、そのくせ巨体で足も遅く、単発火力が高いけどほぼ当たらない。そんな性能だったらどうでしょうか。

敵をワンパンできる火力は魅力的ですが、これだけの欠点があると中々「強い」とは言いづらいと思います。

つまり、「強い戦車」というのは、主砲の性能と、車体の性能がバランスよくまとまっている戦車、ということになります。

バランスが良い戦車とはどんな戦車か、というのは、後述のおすすめ戦車紹介を見て頂ければ、なんとなくわかると思います。

重装甲で前線を張りたい方へ

まずは、分厚い装甲と豊満なHP、大口径から繰り出される大火力で敵をなぎ倒したい方への、おすすめ戦車を紹介します。言うまでもありませんが、重戦車や重駆逐戦車がほとんどです。

ソ連 Tier5 「KV-1」

WoT Wiki KV-1

初心者におすすめの重戦車といえば、やはりKV-1です。他を寄せ付けない重装甲と、高い攻撃力が特徴の重戦車です。拡張パーツは、装甲材、装填棒、旋回機構がオススメです。

ティア5では10.5cm榴弾を撃つ4号戦車H型が人気ですが、このKV-1であれば背後からであっても貫通されません。

貫通力の高い駆逐戦車の徹甲弾であっても、防御姿勢をとったKV-1を正面から貫通するのは簡単ではありません。

また、主砲性能も優秀で、大火力の122mm砲と、安定の85mmが選べます。

122mm砲は榴弾砲で、貫通力はかなり低いですが、その分貫通すれば450もの大ダメージを与えられます。たとえ貫通できなくても、100~200程は出るので、まだまだ柔らかい戦車の多いティア5帯では強いといえます。

85mm砲は122mm砲と打って変わって、単発は160ダメージと平凡ですが、リロードが早く4~5秒に1発撃てるので、DPMでごり押すことができます。貫通力も十分あるので、重戦車相手でも十分有効打を与えれます。

流石に機動力は低いですが、じわじわと迫ってくるKV-1は敵に取ってみると死の宣告のように思えるかもしれません……。

新兵れいしき
新兵れいしき

まさに重戦車!って感じの戦車だね!

KV-1の派生先

また、KV-1は派生先が3つあり、KV-2ルート、KV-1Sルート、T-150ルートに分かれます。

KV-2ルート

KV-2ルートは駆逐戦車ルートにつながっているため、さらに大火力を追い求めたい方向けですね。152mmから繰り出される単発火力は圧巻の900ダメージ。ただし劣悪な精度をどう使うか……。

ガルパンでは「頼れる同志」としても登場していますね!

KV-2以降は駆逐戦車ルートになるので、駆逐戦車も乗ってみたい方は進めてみてもいいかもです。

KV-2
KV-1Sルート

KV-1Sルートは装甲はほどほどに、KV-1の弱点である機動力を高めていくルートです。装甲と機動力の両方が欲しい欲張りな方へ。

KV-1Sのさらに先では、有名なスターリン重戦車ISになります。122mmの徹甲弾の火力が魅力的な戦車ですね。ガルパンでもノンナの乗るIS-2として登場しています。

ティア8ではWoT内では有名なIS3になり、ゆくゆくは砲塔カチカチIS7や機動力バリバリObj277に繋がります。このルートの戦車はどれも強戦車なので、上手くなりたいなら乗っておいて損はありません!

IS
T-150ルート

T-150ルートはKV-1と同じく、重装甲でごり押す重戦車らしいルートです。

KV-1譲りの硬さと、新たに手に入れた単発火力300の高火力砲で敵をなぎ倒せます。KV-1が肌に合う方は、T-150をお勧めします

このルートはティア8から2つに分かれ、装甲をさらに強化していくIS4ルートと、ダブルバレル(2連装砲)のST-2ルートに分かれます。重戦車らしい動きが好きならIS4ルート、ちょっと変わった戦車が好きならST-2ルートがおすすめです!

T-150

重戦車に乗りたいあなたへ、おススメの記事⤵

戦場を動き回りながら、火力を出したい方へ

素早く敵の側背面を取って挟撃したり、味方重戦車の援護射撃をする戦車です。先ほどまでとは180度違う性能ですね。

足がある分、色んなポジションを転々と出来るため、マップの形を覚えるのにもいいでしょう。

ソ連Tier6「T-34-85」

T-34-85

WoT Wiki T-34-85

優秀な足回りと、素早いリロードによる高DPMで敵を溶かす中戦車です。史実でも有名なT-34ですが、WoT内でも強さを発揮しています。

拡張パーツは、レンズ被膜、装填棒、旋回機構がオススメです。

最高速度は55km/h、出力重量比(加速)も良く、機動力に問題はありません。その上、傾斜装甲による防御力も期待でき、格下からの攻撃なら弾けます。

主砲も単発火力こそ160と普通ですが、リロードが約4秒と早く、いわゆる「履帯ハメ」ができちゃいます。貫通力や精度も十分なので、非常に扱いやすい主砲です。

まさに、走攻守バランス良くまとまっている戦車ですね。

T-34-85の開発先

T-34-85のルートはティア8から分かれます。

ティア8のT-44は中戦車らしい中戦車で、かなり強く使いやすい戦車なのでおすすめです。性能もT-34-85と似ており、経験が生かせます。

T-44の次から単発火力を優先したObj430ルートと、それまでの特徴を弾きついたT-54ルートに分かれます。中戦車だけど単発が欲しい方はObj430ルート、T-34-85やT-44が肌に合っていると感じたからはT-54ルートがおすすめです!

 

中戦車好きなあなたへオススメの記事⤵

高い機動力と隠蔽率で、敵を観測し味方のアシストをしたい方へ

足を活かしたポジション取りや、予想外のポジションでの偵察をする戦車です。隠蔽率が高いので、敵に見つかりづらく一方的に観測することができます。ジャパニーズニンジャしたい方におすすめです。

その分、自分の耐久性能や火力面は低めです。味方との位置関係や、MAP知識が大切になってきます。

ソ連Tier6「MT-25」

MT-25

WoT Wiki MT-25

軽戦車らしく足回りは優秀で、最高速度・旋回性能ともに十分な性能です。主砲のT-34のような性能でポンポン撃てます。隠蔽率もそこそこで、全体的にバランス良く、扱いやすい軽戦車です。

拡張パーツは、レンズ被膜、消音排気、装填棒がオススメです。

軽戦車乗りたいけど難しそう…と思った方には、軽戦車スタータータンクとしてぜひ。

MT-25の開発先

MT-25ルートは全体的に単発が軽く、リロードの早い主砲が多いです。優秀な機動力とそこそこの隠蔽率。やや俯角が狭いところは不便ですが、それ以外は高水準にまとまっています。

Tier7「LTG」、Tier10「T-100 LT」は他と違い隠蔽率がかなり高めになっていて、様々な軽戦車を楽しめる良いルートだと思います。

フランスTier6「AMX 12t」

AMX 12t

WoT Wiki AMX 12t

隠蔽率がかなり高く、近距離での偵察も出来ちゃう戦車です。

また、軽戦車でありながらオートローダーという特殊な主砲を持っており、リボルバーのように連発ができます。

そのため、敵に気付かれないような場所に潜み、偵察を行いつつ、チャンスがあればオートローダーの火力で一気に敵を撃破する。なんてことも出来ちゃうルートです。

拡張パーツは、レンズ被膜、換気扇、旋回機構がオススメです。

普通の軽戦車では満足できない…火力も出したい…という方におすすめです!

AMX 12tの開発先

AMX 12tルートはティア8までその特徴は引き継がれます。高隠蔽でオートローダーの軽戦車。

ティア8からルートが中戦車ルートと軽戦車ルートに分岐します。軽戦車ルートは今までと同じ特徴で、さらに火力面をパワーアップした性能になっていきます。

中戦車ルートは隠蔽率が下がる代わりに、火力を大きく上げた性能になります。ワンマガジンで敵の全HPを削れるほどの火力を持ち、機動力も高いですが、中戦車というカテゴリになるため隠蔽は下がります。

 

軽戦車に乗りたいあなたへオススメの記事⤵

とにかく大口径高火力をぶっぱなしたい方へ

防御や機動力、隠蔽よりも、とにかく一撃の重い戦車です。ものによっては、一撃で敵のHPの半分を削る戦車もいます。まさしくTank Destroyerですね。

ソ連Tier6「SU-100」

SU-100

WoT Wiki SU-100

ティア6でありながら、重戦車ISの使う122mm砲と同火力の主砲が使える戦車です。拡張パーツは、装填棒、双眼鏡、旋回機構がオススメです。

単発は390と非常に高く、敵によっては2発貫通すれば倒せてしまうほどです。

その火力の高さゆえ、精度や照準時間、リロードが難点です。100mm砲も十分使える性能ですので、122mmが合わないと感じれば100mmも視野に入ります。

また、機動性や隠蔽率も優秀であり、常に弾をはける位置に移動し狙撃することができます。

甘い弾なら弾ける装甲もあるため、駆逐戦車の入門としてもおすすめです!

SU-100の開発先

SU-100からルートが分岐し、装甲を厚くするSU-100M1ルートと、さらに攻撃力を上げるSU-152ルートに分かれます。

駆逐戦車でも、前線に立って戦いたい、という方はSU-100M1がオススメです。火力面ではやや劣りますが、重戦車とも渡り合える装甲が強みです。なおかつ機動性もそこそこあります。

とにかく大口径で大ダメージをぶっぱなしたい、という方はSU-152ルートがオススメです。SU-152では口径152mmの主砲が使え、単発火力は700と圧巻の一言。装甲はあまり強化されないため、一歩引いたポジションからの援護射撃が主な戦法ですね。

駆逐戦車に乗るあなたへオススメの記事⤵

クセの強い戦車に乗ってみたい変わり者のあなたへ

この記事の初めの方で、強い戦車はバランスの良い戦車のことだ、と紹介しました。

ただ、バランスが良いということは、どうしても無難な性能になりがちで、人によっては刺激が足りない…となってしまうかもしれません。

そこで、ぶっちゃけ初心者におすすめではありませんが、クセの強い戦車も紹介します!

スウェーデンTier8「UDES 14 5」

UDES 14 5

WoT Wiki UDES 14 5

特徴的な見た目の中戦車ですね。拡張パーツは、装填棒、レンズ被膜、砲垂直安定装置がオススメです。

単発は360と高めで、その割に照準時間や弾速は優秀なため、使いやすい主砲です。そして、この戦車の最大の強みは油圧サスペンションによる12度の俯角

装甲は紙同然ですが、その俯角を活かしたハルダウンで被弾面積を減らし、一方的な撃ち合いを目指しましょう。

また、スウェーデン駆逐戦車ルートも同じく油圧サスペンションを持っています。若干使い方は違うのですが、どちらも他にはない特徴的な戦車なので、変な戦車が好きなあなたにおすすめ!

ドイツTier6「Hummel」

Hummel

WoT Wiki Hummel

クセが強いといえば、自走砲は外せません。自走砲は他の戦車と全く違った戦い方であり、初心者にはお勧めできない面もあります

ただ、紹介しない訳にもいかないので、その中でも使いやすい自走砲としてHummelを紹介します。

Hummelは火力・射界が優秀で、全体的に使いやすい自走砲です。火力貢献や、敵への妨害、援護射撃いろいろ出来ます。拡張パーツは、装填棒、改良型射撃装置、旋回機構がオススメです。

他の戦車と大きく役割が違うので、かなり好みが分かれる車種です。しかし、自走砲の射線の通し方をわかっていると何かと便利な場面もあるので、少しくらいは触れてみても良いでしょう。

 

おまけ

この記事の初めの方で、バランスの悪い戦車として例をひとつ上げました。実は、その性能の戦車はWoT内に存在します

全く初心者向けではないので紹介しませんが、WoTにはそんな戦車もいるんだな……と、頭の片隅で覚えておいてください。

満面の笑み

コメント

タイトルとURLをコピーしました